大人用バレエレオタードはどんなものがいいの?人気ブランドや選び方とは

美しい姿勢に優雅な踊りが魅力的な「バレエ」。

あの煌びやかな世界に憧れる女性も多いのではないでしょうか?

その憧れを忘れられず、大人になってからバレエを習う人も少なくありません。

しかし、レッスンウェアである「レオタード」はどこで買えばいいのか、またどんなものがいいのか分からない!という方もいるはず。

そこで今回は、大人用レオタードの選び方や人気ブランドなどをご紹介!

お気に入りのレオタードを着て、楽しくバレエを習いましょう。

大人用レオタードの人気ブランド

・シルビア

シルビアには無難でベーシックなレオタードが揃っています。そのため、このブランドのレオタードを何枚か揃えておけば困ることはないでしょう。

また、シルビアではレオタード以外にもシューズや本番用衣装など様々なバレエ用品を取り扱っています。ですので、バレエ関連のグッズを購入する際はシルビアへ行くことをおすすめします!

・チャコット

「バレエ用品店といえばチャコット」と言われるほど、有名な老舗店です。こちらのブランドでは上記のシルビア同様、ベーシックなレオタードが豊富に揃っています。それだけでなく、レース素材のものやホルターネックのものなど、様々なタイプが展開されています。

また、チャコットのレオタードは吸水性や耐久性に優れているため、レッスンウェアにもってこいです。ベーシックかつ質の良いレオタードをお求めの方はチャコットへ!

・マーティ

マーティはなんといっても安さが魅力!定番のデザインであれば5000円以下で購入できちゃいます。バレエ初心者さんやリーズナブルなレオタードを探している方におすすめです。また、安いだけでなく、体のラインを綺麗に見せてくれるレオタードが揃っているのも人気の理由です。

・STINA

STINAは現役バレエダンサーの久保田小百合さんが監修を務めているブランドです。STINAのレオタードはおしゃれなデザインが魅力で、花柄やチェック柄などバリエーションに富んでいます。デザインにこだわりのある方は、STINAのレオタードをおすすめします。

・フェアリー

フェアリーでは、女性心くすぐる可愛らしいデザインが豊富に揃っています。花柄やレースなど、レッスンが楽しくなるようなレオタードが数多く展開されていますよ。

また、可愛いだけでなく、動きやすさにこだわったアイテムも揃っています!気になる方は一度ホームページを覗いてみてくださいね。

・ミルバ

大阪に本店を構える「ミルバ」はチャコット、シルビアと並ぶ有名バレエ用品店です。有名店ではありますが、ややリーズナブルな価格設定が魅力です。また、ミルバではベーシックなアイテムを多数揃えています。

大人用レオタードの選び方とは

「動きやすいものがいい」「汗をよく吸ってくれるレオタードがいいなあ」など、レオタードを選ぶ基準は人それぞれです。そのため、どんなレオタードを選ぶかは個人の自由となるのですが、“サイズ”には注意してください。

レオタードは体のラインをハッキリ見せ、筋肉の動きを見えやすくするためのアイテムです。そのため、自分の身体にぴったりフィットするものでなければいけません。また、サイズが合わずにずれてしまうと、練習に集中できなくなってしまいますよね。

ですので、レオタードを選ぶ際はサイズに注意してくださいね!

しかし、どうやって自分にぴったりのレオタードを選べばいいのか分からない方もいるはず。そんなときは、ガースでサイズを選びましょう!ガースとは、肩~股下そして元の肩に至るまでの長さのことを指します。

もちろん、身長を参考にしてサイズを選ぶのもOKです!ただ、ガースで選んだ方がよりフィットするレオタードをピックアップできるようです。なお、レオタードによってはガース表記のないアイテムもありますので、ご注意を。

オーダーメイドで自分だけのレオタードを!

レオタードは、バレエのレッスン時に欠かせないアイテム。だからこそ、オーダーメイドで長く愛用できるレオタードを作るのもひとつの手です。

オーダーメイドであれば、形や生地などデザインを完全に自分好みにできます。また、世界にたったひとつだけのオリジナルレオタードですので、着るだけで気分が上がりそうですよね!

やはり女性なら、かわいいレオタードを着てバレエをやりたいと思うはず。お気に入りのレオタードが見つからない…という方はオーダーメイドも検討してみてくださいね。

お気に入りのレオタードでバレエを楽しもう!

大人用レオタードはデザインや形が様々で、どんなものにすればいいのか分からない…という方も多かったはず。迷ったときはチャコットやシルビアのような老舗バレエ用品店で販売されている、無難なレオタードがおすすめですよ!

個性を大切にしたいという方や他の人と被りたくないという方は、オーダーメイドで自分だけのレオタードを作ってみてはいかがでしょうか?世界でたったひとつだけのレオタードを着れば、練習も楽しくなるはず!

レオタードはバレエの際に欠かせないアイテムだからこそ、妥協せずにお気に入りを見つけてみてくださいね。

関連記事

  1. Ballet Gala Concert 出演者 募集中【大阪・兵庫】

  2. 久保紘一版 『白鳥の湖』 2019年3月2日(土)・3日(日) 東京文化会館大ホール

  3. 横浜バレエフェスティバル2019 出演者 オーディション