おすすめなバレエシューズ3選。レオタードと合わせたコーデ例も紹介!

バレエをする際に欠かせないアイテム「バレエシューズ」ですが、様々なバリエーションがあってどれにしようか迷っている方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は春におすすめなバレエシューズをご紹介!春らしい爽やかなアイテムをピックアップしていますので、良ければ参考にしてくださいね。
また、紹介したバレエシューズに合うレオタードも一緒に紹介します。かわいいバレエコーデを組めばレッスンも楽しくなるはず!

バレエシューズには様々な種類があって迷う!

バレエレッスンには「バレエシューズ」が必須。しかし、種類が豊富でどれにすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?デザインはもちろんですが、素材も色々あって決められないですよね。
そこで、ますは自分に合ったバレエシューズの選び方について解説していきます。これである程度候補が絞れるかと思います!

 

バレエシューズを選ぶポイント

ポイント①ソール

バレエシューズには「フルソール」と「スプリットソール」の2つがあります。フルソールは底が1枚で繋がっており、スプリットソールは底が前後で2つに分かれています。ただ、足裏を上手に使えるようになるまでは“フルソール”がおすすめです。

 

 

ポイント②素材

バレエシューズの素材は全部で4種類。

前皮タイプ

布と皮のメリットだけを取り入れています。特に耐久性に優れています。また、足にしっかりフィットしてくれるのも大きな特徴です。

 

 

 

サテンタイプ

こちらは主にステージで使用するものですので、耐久性やフィット感に劣ります。練習の際に履くことはあまりおすすめできません。トゥシューズのようにリボンがついているタイプもあります。

 

 

 

布タイプ

 

足になじみやすく、軽い履き心地が魅力です。床の種類を選びませんので、どんなシーンでも使用できます。

 

 

 

 

オール皮タイプ

耐久性に富んでいるバレエシューズです。伸縮性がありますので、自分の足にぴったりなサイズを選ぶのがコツ。

 

 

 

 

 

ポイント③サイズ

バレエシューズはメーカーによってサイズが異なりますので、必ず試し履きしましょう。普段履いている靴よりも0.5~1cm大きいサイズから試すのが良いとされています。ある程度のサイズ感はシューズについてあるゴムで調整することが可能です。また、バレエシューズを試し履きする際は、レッスン同様タイツやソックスを履くことをおすすめします。お店で履く場合は大抵の場合、タイツ生地のソックスを用意してくれています。

 

おすすめな爽やかバレエシューズ3選

ここではおすすめのバレエシューズ3選をご紹介します。候補が絞り切れない、または検討が付かないという方は参考にしてくださいね!

①スプリットソールパンプバレエシューズ/¥2,592(税込み)

色・形共にベーシックな定番バレエシューズです。キャンバス地になっていますので、崩れることなく踊りやすいことが大きな魅力。また、裏には縫い目がないため、耐久性に優れています。サイズは22~26㎝と幅広く用意されていますが、普段履いている靴のワンサイズ上を選ぶことをおすすめします。

②プロエラスティックバレエシューズ/¥2,700(税込み)

薄いピンクが春らしいバレエシューズです。履き口が伸縮性のあるゴムを使用していますので、しっかりとフィットしてくれます。また、脱ぎ履きしやすいのも大きな特徴。デザインはアーチを美しく魅せるスッキリとしたものになっています。

③マーティバレエシューズ/¥1,728~ ¥1,944(税込み)

履き心地と踊りやすさを重視したバレエシューズです。伸縮性のある生地を採用し、まるでシューズを履いていないかのようなフィット感を実現。また、床との間隔を掴みやすくなっています。

レオタードと合わせたコーデ例を紹介

先ほどご紹介したバレエシューズと合うレオタードをご紹介していきます!

①レースショートスリーブレオタード/¥8,748(税込み)

胸元から背中にかけて上品なレースが施されたレオタードです。シルエット自体はベーシックですが、レースがあることで女性らしさをプラス。デザイン性だけでなく、伸縮性のある生地を採用して動きやすさも重視しています。上記のスプリットソールパンプバレエシューズと合わせれば、エレガンスで落ち着きがある雰囲気に。

②マーティレオタード フロントギャザーキャップスリーブ型/¥5,832(税込み)

定番のキャップスリーブ型のレオタードです。胸元にはギャザーをあしらい、上品な美しさを引き立たせてくれます。また、シンプルなデザインですので、幅広い世代の方に着用していただけます。上記のプロエラスティックバレエシューズと合わせて着用すれば、ベーシックかつフェミニンなスタイルに。

 

③マーティレオタード ジップ型/¥6,696(税込み)

スタイルっ繻な立ち襟と大胆に空いた背中のデザインが特徴のレオタードです。クールな印象が強く、凛とした雰囲気が漂います。生地は柔らかく、心地よいホールド感に包まれます。上記で紹介したマーティバレエシューズと合わせれば、体にかかるストレスがフリーでバレエレッスンを行えるでしょう。

かわいいバレエシューズでレッスンを楽しく!

バレエシューズには様々な種類がありますので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。ただ、どれにすればいいのか検討も付かない…という方は今回ご紹介したバレエシューズを候補に入れてみてはいかがでしょうか?また、バレエシューズとレオタードを合わせてかわいいコーデを作るのも楽しいですよ。

履いているだけで気分が上がるようなバレエシューズを見つけて、楽しくレッスンしましょう!

関連記事

  1. バレエを習い事にするということ!意外と知らないメリット・デメリット

  2. はじめてのバレエ鑑賞!「チケット・座席」はどうやって選ぶ?おススメは?

  3. バレエをするにはダイエットが必要?バレエに適している食事法を伝授!