みんな知ってる?バレエ初心者の上達の秘訣は○○だった!?

子供のころに憧れを抱いたバレリーナ。大人になって趣味で始めたいという方、最近始めたけど上達できるか心配という方必見。バレエが上達する秘訣をご紹介します!

大人だから無理、厳しい、なんてことはありません。誰でもバレエは楽しむことができますよ!皆さんにもっとバレエを好きになってもらうために、これだけは外せない!上達ポイントをお伝えしていきますね♪

■何ができていないかを知ることから始める!

バレエが上達しないと悩んでいる、これからバレエを始めたいからコツを知りたい、という方。まずは、自分がバレエをするにあたって、何ができていないか、何が足りないかを知ることが大切です。自分のことを知ろうとする姿勢こそが、バレエの上達へと繋がります!

そこで!バレエが上達しない人に多い共通点を、少しだけピックアップしました。

自分に当てはまるものが1つでもある方は、バレエ上達のために、改善することをおすすめします。

→体が硬い

→レッスンの受け方が分からない

→筋肉が足りない

以上の3つが、「バレエを始めて思った、気になるところ」で、よく挙げられるお悩みです。

どうですか、当てはまりましたか?

それでは、悩み別に解決方法をお伝えしていきますね!

 

■体が硬いからバレエができるか不安

 

大人からバレエを始める時の不安として、1番大きいのは体の硬さだと思います。

柔軟性が必要なバレエ。子供なら柔軟性が身に付きやすいですが、大人の場合はすぐに体を柔らかくすることは難しいでしょう。しかし、諦めないで下さい!

毎日コツコツとストレッチを続ければ、体は絶対に柔らかくなります。

お風呂上りに10分、15分で大丈夫なので、続けることが大切ですよ!

ただストレッチをするのではなく、自分が体が柔らかくなることをイメージをしながら、体の伸びを意識すること。

さらに、息を吸って、吐きながら伸ばす。このように呼吸に合わせて、ストレッチをすると、筋肉を弛緩させ、より効果を高めることができます。

柔軟性が上がると、バレエが上達するだけでなく、怪我の予防にもなります。

レッスンの時にもストレッチをすると思いますが、それだけでは体は柔らかくなりません。

難しいストレッチはしなくて大丈夫!レッスン前にするストレッチを、お家でも同じようにするだけで、体はどんどん柔らかくなりますよ。

■レッスンで気を付けること

レッスンは、自分のバレエを上達させるために、意味のある濃いものにしなければいけません!なんとなく、講師と同じ動きをしているだけでは上達しませんよ。そこで、レッスンを受ける際に気をつけたいポイントをご紹介します。

・レッスン量が多いほど上達

当たり前のことかもしれませんが、レッスンの量が多いほどバレエは上達します。

筋肉は使わないと、すぐに退化。週1回よりも、週2回、3回受ける方が、次回のレッスンも体が動きやすいですよ。

・体を意識する

子供は講師の動きを見よう見まねで、踊ります。

そのため、自然と体が覚え、上達のスピードが速いです。

しかし、大人はどうしても、動きを覚えることに必死になってしまいがち。

なんとなく体を動かし、マネするのではなく、動き1つ1つをコントロールできるように覚えさすことが重要。

せっかく、レッスンに来て、プロの講師が前で踊っています。

手先や足先まで、意識をして見て、体全体を使って踊れるようにしましょう。

 

・広いスペースを最大限に使う

バレエをお家で練習しようとしても、なかなか難しい方が多いと思います。

そのため、広いスタジオで踊ることができるレッスンの時に、体を思いっきり動かしておきましょう。

さらに、スタジオには全身が映る大きな鏡がありますよね。

バレエをするうえで、鏡は欠かせないもの!

自分のバレエのフォームが、綺麗か確認するために、しっかり見ておきましょう。

舞台で踊るとなったときに、美しいフォームで踊れるように、練習の時にしっかりと形づけておくことが重要です。

 

・音楽と一体感になる

バレエと音楽はセットです♪

音楽をよく聴いて、音楽に合わせて踊らなければいけません。

早取り・遅取りしないように、大音量で音楽がかかっているスタジオで、リズム感を鍛えておきましょう。

■意外にも筋肉を使う!?

柔らかく、ふんわりした動きが多いバレエ。

でも、実際は1つ1つの動きに、かなりの筋肉量が必要になります。

そのため、筋トレは欠かせません!

 

バレエで必要な筋肉は、

・腹筋

・背筋

・足裏

・足の指

・内もも

です。

 

普段、あまり鍛えない筋肉が多いですよね。そのため、いきなりバレエを始めると体が付いていかないこともあると思います。

そうならないためにも、上記、5つの筋肉はしっかり鍛えておきましょう。

足の指や裏の鍛え方は、

【フレックス】…足首を曲げて、つま先を上にあげる

【ポイント】…つま先を伸ばす

【ドゥミ】…足首を伸ばし、指先だけを曲げる

【グーチョキパー体操】…グーチョキパーを足の指でつくる

【タオル寄せ】…タオルを使って、指でたぐり寄せる

がおすすめですよ♪

■基本が大切!

バレエを上達させるためには、とにかく数をこなすことが1番はやいです。

しかし、レッスンを受けれない時だってあると思います。

そんなときは、自宅で柔軟や筋トレ、基礎のポジションをしっかり体に覚えさせましょう。

バレエ初心者の上達の秘訣は、基礎を制すること♪

諦めずに、今回ご紹介したポイントを意識して行ってみてくださいね!

※ただし、お子様の場合は、自宅でのポジションや踊りの練習はおすすめしません!

子供は吸収が早いため、間違った動きを1度覚えてしまうと、修正が難しくなります。

先生にきちんと正しい体の使い方を学べる、レッスンのみの練習にしましょう。

関連記事

  1. 初めてのバレエ鑑賞!服装やマナーの決まりはある?

  2. バレエは背中の柔軟が大切!体が硬くなる原因とその対処法は?

  3. バレエをしているとスタイルが良くなるって本当?理由を徹底解明!