バレエでつい膝が曲がってしまうのは何故?意識するべき3つのポイント!

バレエのレッスンでよく指導されるポイントと言えば「膝の曲がり」が挙げられます。

バレエの基本姿勢では、膝をしっかり伸ばすことが重要とされており、美しく踊るために欠かせないポイントとなります。しかし、単純に膝を伸ばすだけでは、綺麗に伸ばせているということではないかもしれません。

「伸ばしているのに伸ばせてないってこと?」と疑問に思う人も多いですが、先生に「膝が伸びてない」「膝が縮んでいる」と指摘されることはありませんか。

では、膝を伸ばしているはずなのに実は曲がっているまたは、縮んでいると言われる場合は、何が原因なのでしょうか?

ここでは、膝の裏が伸びない原因や、意識するべき体のポイントについて解説します。

当てはまる人は注意!膝が伸びていないかも?

自分ではきちんと膝が伸ばせているつもりでも、実は正しく伸ばせていないかもしれません。膝が伸びるということは、外腿の筋肉を使ってピンっと張ることではなく、内部の筋肉やお腹周りの筋肉を使ってしっかり支えることが必要となります。

つまり、ついつい膝が曲がってしまうという人は、

・内腿

・お腹

・お尻

を意識して、同時に起動できていないことが理由として挙げられます。

普段から膝が曲がりやすい人は、バレエの際に膝だけを伸ばそうと意識しますが、ふとジャンプやターンなどの動きの時に、膝が曲がってしまうということが多いでしょう。

また、膝を伸ばしているのに「縮んでいる」「伸びていない」と指摘される人は、腰回りの筋肉や骨盤が正常に動いていないことが挙げられます。

・腰を曲げないと膝が伸びない

・腰を真っすぐにすると腰がちょっと曲がってしまう

これに当てはまる人は、腰回りの筋肉が硬く短くなっている可能性があります。

膝が曲がっているかどうかをチェックしてみよう

以下の項目に当てはまる人は、膝が曲がっている、もしくは間違った伸ばし方をしているかもしれません。当てまる項目はないか、自分でチェックしてみましょう。

【1番ポジションのとき】

・両足の内腿が吸い付くように力が入っているか(外腿は力を抜いているか)

・お腹を凹ませたように硬く力が入っているか

・お尻がキュッと中央に寄るように力が入っているか

【仰向けで寝たとき】

・腰が浮く

・膝の裏が床につかない

・朝起きた時に腰がいたい

「1番のポジションの場合」に当てはまる人は、筋肉の使い方や、股関節が硬いこと、上体の引き上げが上手くできていないことが理由として考えられます。

また、「仰向けで寝た場合」に当てはまる人は、腰回りの筋肉が硬く短くなっていることや、普段からの姿勢の悪さで骨盤や腰や歪んでいることが考えられます。

3つのポイントを意識すると解消する

膝が曲がってしまう人は、筋肉や股関節の硬さ、また、姿勢の悪さから現れる骨盤の歪みなどが考えられるとお伝えしました。では、膝を曲げずに綺麗に立つには、どうしたらよいのでしょうか?

意識する3つのポイントはこうなります。

①腹筋を使う

②反り腰にならないようにする

③膝ではなく、内腿とお尻に力を入れる

膝を上手く伸ばすためには、膝に力を入れてはいけません。

膝に力を入れるためには、外腿が使われますが、外腿はバレエでは必要以上に使ってはいけない筋肉です。外腿を使うことで、足上げやジャンプが硬くなり、足が筋肉質で太くみえることにも繋がります。

また、膝を伸ばしたいからと言って、上体を全く意識していないのはNGです。バレエでは、「上体の引き上げ」が基本姿勢の重要なポイントです。

腹筋を内部に絞るように力を入れ、肋骨は開き、反り腰にならないように、状態を上に上げるように意識しましょう。上体の引き上げができるからこそ、綺麗な立ち方をすることができます。

立ち姿勢で気を付けること

膝を伸ばす解決法として挙げられるのは、6番ポジションでの立ち姿勢です。

足を揃えて立ち、

・内腿

・腹筋

・お尻

この3点に力を入れましょう。

この姿勢はバレエの基本ですが、普段の立ち姿勢でも自然に活用しやすいです。電車で立っているときは、待ち時間など、日常的に取り入れてみてください。そうすれば、自然と意識せずとも筋肉の使い方が分かると思います。

バレエの姿勢で気を付けること

バレエのレッスンで気を付けることは、やはり上体の使い方です。

ジャンプやターン、つま先立ちをするので、ついつい足だけに意識がいきがちですが、足を上手く使うためには「引き上げ」が必要不可欠です。

・反り腰ならないように骨盤を上げる

・肩は落としたまま胸を張る

・腹筋とお尻に力を入れる

この3つを意識しながら、引き上げが自然とできるようにトレーニングしましょう。

毎日のストレッチやトレーニングが大切

先ほどお伝えした3つのポイントですが、意識していても上手く膝を伸ばすことができないという方は、その筋肉や部分を上手く動くようなトレーニングやストレッチを行うことが大切です。腹筋や背筋、お尻、内腿はトレーニングで養えますし、骨盤の歪みは姿勢改善を心がけましょう。膝を綺麗に伸ばすためには、まずは体の筋肉バランスをしっかり整えることが大切です。レッスン時は膝を伸ばすことだけに集中せず、バレエに必要な筋肉の仕組みを改めて理解し直してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 子供バレエの髪型はどうする?ショートヘア・毛が少ない子のシニヨン作り方

  2. バレエ衣装はレンタル・オーダーメイドどっちにするべき?

  3. バレエを始めたのに痩せないのはなぜ?より効果をアップさせる方法とは