バレエをしているのに細くならない…ふくらはぎが太くなる理由とは

バレリーナと言えば、細くて引き締まった足を想像するのではないでしょうか?

でも、実際にバレエを習ってみると「さらに足が太くなった!」と感じる人も多いのです。バレエをすれば足が細くなるという噂がありますが、実際にプロのバレリーナを見てみると、みなさんふくらはぎが細く、足首もキュッと引き締まっていますよね。

では、バレエをしていて足が太くなる原因とは何なのでしょうか?それは、太っていることが原因だけでなく、もしかするとバレエに関して間違った捉え方をしているからかもしれません。

でも、諦めてはいけません!

原因を知り、間違いが分かれば、今からバレエを見直すことができます。正しい方法で取り組むことで、これからは足が細く改善していくでしょう。

ここでは、バレエでふくらはぎが太くなる原因と、その改善方法についてご紹介していきます。

どうしてふくらはぎが太くなるのか?

バレリーナは本来、足が細くなると言われています。しかし、バレエを始めたら足が太くなったと感じる人が意外と多いのも事実。スポーツマンのようにふくらはぎが膨らんだアスリート体型になって、理想としていたバレリーナの体型とは違う方向に行ってしまったという人もいます。

この原因として考えられるのは、

①太っているから

②筋肉の使い方を間違えているから

③上半身を上手く使えていないから

この3つが挙げられます。

間違ったバレエを踊ると、足が太くなってしまうだけでなく、美しさが損なわれ思わぬ怪我の原因にも繋がりかねません。初心者の方はもちろん、中級の方でも、足が太いと悩んでいる人は、この機会にバレエの基本を見直す必要がありそうです。

①太っているから

バレエでは、スタイルを維持することもトレーニングのひとつです。細く痩せていることが条件とされるため、太っている場合は足が太くなるのも当然です。

また、体重が重くなることで、ふくらはぎや足首、つま先などにかかる負担も大きくなります。体が重くてジャンプがつらい、着地するときに足が痛むなど太っていることで見た目だけではなくバレエの演技にも支障をきたしてしまいます。

そしてもうひとつ大切なポイントとしては、バレエを踊るときに必要以上に筋肉を付けないことです。筋肉だけで踊ろうとすると、体がガチガチになってしまい、柔軟性も損なわせてしまいます。過度の筋トレや、体重増加を防ぐことで、足が太くなるのを改善することができます。

②筋肉の使い方を間違えているから

ふくらはぎが太くなる大きな原因がこちらになります。バレエでは、「つま先立ち」が基本の動作ですが、この時、間違った筋肉の使い方をしていると足が太くなってしまうかもしれません。

間違った筋肉の使い方とは、

・つま先立ちでアキレス腱を固めている

・カマ足になっている

・足首に力が入っている

・足指が縮んでいる

このように、足首やアキレス腱に力が入っていると、ふくらはぎが太くなってしまいます。

正しいつま先立ちの方法は、

・アキレス腱を固めない

・足首に負担をかけずに真っすぐ伸ばす

・足指は真っすぐ伸ばす

・かかとを押し込み過ぎない

このように、足裏の深層の筋肉を使うようにイメージすることが重要です。コツを掴むまでは難しいですが、足首・アキレス腱・足指に注意しながらトレーニングを行えば、きっと「コレだ!」という感覚を掴めるでしょう。

③上半身を上手く使えていないから

足が太くなるのは、足の使い方だけが原因とは限りません。

バレエでは、足を床にしっかりと付けることが重要ですが、もうひとつのポイントとして「上半身を引き上げる」ことが挙げられます。バレエのレッスンでも、「天井から引っ張られる意識を持って」「上半身を引き上げて」などと指導されることが多いのはこの理由です。この「引き上げ」は、無意識で身に着けることは想像以上に難しく、バレエを美しく踊る上でも重要なポイントになります。

バレエでは、つま先で体を支え回転するポーズがたくさんありますが、上半身を引き上げずにつま先だけで立ってみると、ふくらはぎや太ももに負荷がかかっているのを感じませんか?足の力だけで踊ろうとすると、その分足の筋肉だけが発達し、筋肉モリモリの足になっていくのです。

引き上げを正しく行うには、お腹と肋骨を引き上げるように意識しましょう。呼吸をするときにように、腹式呼吸をマスターしておくと、引き上げやすくなります。

・吸う時:肋骨を引き上げるように膨らませる

・吐く時:腹筋に力を入れながら絞るように吐く

この上半身の引き上げが意識しなくてもできる状態になれば、余分な筋肉を付けなくて済むことから、引き締まったバレリーナの足へと改善できるでしょう。

まとめ

バレエでふくらはぎが太くなってしまうのは、体型維持はもちろん、バレエの基本動作を間違えて理解していることが主な原因です。つま先立ちや引き上げなど、基礎動作をしっかり習得することで、無駄な筋肉を付けずに済むだけでなく、しなやかで美しい踊りができるようになりますよ。ふくらはぎが太りだしたと感じる時は、一度初心に還ってバレエを見直してみてください。

関連記事

  1. 【バレリーナの食事】野菜

  2. バレエで膝が入らない!膝が入る方法はある?

  3. 夏場の練習に揃えておきたい!便利なバレエグッズ