バレエをするにはダイエットが必要?バレエに適している食事法を伝授!

バレリーナと言われると細くてスタイルの良い人を思い浮かべると思います。実際バレリーナが美しいスタイルを維持するためにはどのようなことをすればいいのでしょうか?今回はそんな悩みを持つ方にバレエに適している食事法を伝授します。

バレエをするのにダイエットは必要?

 

答えはというと、プロのバレリーナを目指すならダイエットが必要となります。プロのバレリーナの体型は様々な条件が要求されます。単に細ければいいということではなく、健康的な身体でなければなりません。体重が〇㎏以下でなければいけないということではなく、身長も考慮したBMIが重視されることが多いです。しかしバレエの名門であるロシアのワガノワ・バレエ・アカデミーでは体重が50㎏を超えてしまうと強制的にダイエットをさせられてしまうそうです。理由はと言うとバレエではパ・ド・ドゥなどで女性が男性にリフトをされる場面があります。そのため、女性が50㎏を超えてしまうと男性がリフトをするのが困難となってしまうからです。

 

プロを目指すわけではないという方も教室によっては体型に関して厳しく指導されるというところも存在します。美しいスタイルをキープしなければならないバレリーナには運動はもちろん大事ですが、最も重要となるのは日々の食事です。

無理な食事制限は逆効果!?

ダイエットをする人がよくやりがちなのが、食事を抜いたり量を極端に減らしたりと無理な食事制限をするということです。実は食事制限をすると逆に痩せにくい身体になってしまうという可能性があります。その理由はというと食事制限をすることで筋肉量は落ちてしまい、筋肉量が落ちると基礎代謝が減ってしまいます。基礎代謝が減るということは痩せにくい身体になってしまうということができます。つまり、食事制限をすることで減るのは脂肪ではなく筋肉です。筋肉が減ってしまうということはバレエに支障を来すということもあります。したがって、バレリーナが食事制限をするダイエットをすることは辞めましょう。

バレリーナのおすすめの食事法!

では食事制限が良くないのであれば、どのような食事をすることバレリーナにとって良いのでしょうか?

筋肉をつけるための食べ物を選ぼう!

バレリーナにとって大切なのは筋肉です。筋肉をつけることで代謝も上がり脂肪を燃焼しやすくなりダイエットへと繋がります。

筋肉の材料となると言われているのが、高たんぱくであり低脂肪な食べ物です。筋肉をつけるためにはたんぱく質は欠かせない栄養素となります。

 

そこでおすすめの食べ物は

 

・ささみ

・大豆製品

・乳製品

・鶏卵

 

などがあります。

 

同じたんぱく質でもバランスよく順番に摂取することも大切です。

炭水化物を摂ろう!

先ほどもお話したように、食事制限をするダイエットはNGです。食事制限のダイエットの中でも良くあるものが炭水化物抜きのダイエットです。炭水化物は糖質が含まれているので太ると思ってダイエット時には抜きがちになりますが、特にバレリーナは炭水化物を抜くことはやめましょう。炭水化物は体のエネルギー要素となります。バレリーナにはレッスンがあり運動量が多いので炭水化物を抜いてしまうとエネルギーが足りなくます。厳しいレッスンについていくためにも炭水化物を摂ってエネルギーの補給をすることがバレリーナにとってとても大事なこととなります。

 

野菜や果物を積極的に摂ろう!

筋肉をつけることも大事ですが、もちろんそれだけでいいわけではありません。スリムな体系維持には野菜や果物を摂取することが大事です。野菜や果物に含まれるビタミンとミネラルは健康維持には欠かせない栄養素です。代謝をスムーズにしてくれるという効果のほかに疲労回復や体の調子を整えるのにも効果があります。日常の中で野菜や果物をじっくりと取る時間が無いという場合は、青汁や野菜ジュースを飲むというだけでも効果はあります。無理をすることなく、毎日少しずつでもビタミンとミネラルを摂取することが大事です。

「食事制限」ではなく「食事管理」をしよう!

 

バレリーナだから絶対に甘いものは食べてはいけない!ということはありません。もちろん甘いお菓子などをたくさん食べるのはよくありませんが、全く食べてはいけないということではありません。食べる時間帯や食べるものを工夫すると問題はないのです。

 

甘い食べ物の中でも脂肪分ができるだけ少ない物を選ぶことが良いでしょう!

脂肪分が少ないけれどしっかりと甘さがあるという食べ物は、

・和菓子

・果物

・ヨーグルト

・ナッツ

などがオススメです。

 

また、お菓子は温かい飲み物と一緒に食べると満足感が高まりオススメです。お菓子を一口食べた後に飲み物を一口飲むといった風に交互に食べるとより満足感が高まります。また、冷たい飲み物を飲むと臓器を冷やして代謝機能が落ちてしまうので普段からも冷たい物を飲みすぎるのはよくありません。できるだけ飲み物には氷を入れることを避けた方が良いです。

 

甘いものを食べる時間帯の注意点としては、寝る前や夕食後に食べるのは禁物です。糖分を寝る前に摂取してしまうと脂肪に変わりやすいです。できるだけ甘いものは午後4時頃までに食べておくようにしましょう。

まとめ

 

バレリーナの美しいスタイルをキープするためにはまずは太りにくい身体を作ることが大事です。太りにくい身体というのは代謝の良い身体のことを指します。代謝をよくするためには筋肉をつけるということが最も重要となります。運動をすることももちろん大事ですが、筋肉を落とさない食事法を心がけるダイエットをしましょう。

関連記事

  1. 大人バレエが上達しない?バレエがもっと上手くなる方法を伝授!

  2. みんな知ってる?バレエ初心者の上達の秘訣は○○だった!?

  3. 小さいころ(5歳)からバレエをはじめるリアルなお金の話