バレエシューズはどこで買うのがおすすめ?人気 ブランドをご紹介!

バレエのレッスンを受けるためには、バレエシューズは必需品。しかし、初めてバレエを習う方は、どこでシューズを購入すればいいのか迷われるかもしれません。そこで、バレエシューズの人気ブランドをご紹介します。また、バレエシューズの選び方もお伝えするので、ご購入の際の参考にしてください。

バレエシューズとトウシューズの違い

バレエシューズの特徴

バレエシューズは布や革素材からできており、履き心地が柔らかいです。

そのため、素足に近い感覚で履くことができます。

見た目は、つま先部分が丸みを帯びていることが特徴。

バリエーションが豊富で、黒や白などモノトーン色もあれば、可愛らしいピンクもあります。バレエレッスンの際に使用する靴になります。

トウシューズの特徴

トウシューズはつま先で立つように作られているため、つま先部分は糊で固め、中敷きの下には板や革が入っています。表面は、一般的にピンクやサーモンピンクのサテン生地から作られています。トウシューズには長いリボンが付いていて、足首でクロスさせていることが特徴。

つま先で立つことを「ポワント」というため、トウシューズも「ポワント」と呼ばれることがあります。

 

トウシューズを履くタイミング

トウシューズはバレエ経験を積み、つま先立ちできる筋肉が付いた方であれば、履きこなすことができます。一般的に、バレエを始めてからトウシューズを履くようになるまで、1年半以上かかります。トウシューズデビューは、先生と相談しながら、見極めてもらいましょう。

バレエシューズの選び方

バレエのレッスンを受けるには、バレエシューズ、レオタード、タイツが必須。

特にバレエシューズは重要なアイテムになるため、選び方のポイントをご紹介します。

素材

バレエシューズの素材は布や革がメインになります。革には、前革製と全革製の2パターンに分けることができます。では、それぞれの特徴をお伝えします。

〇布

初心者や子供に人気の布製バレエシューズ。裸足のように床を感じることができ、感覚を使いみやすいことから、踊りやすいとされています。また、キャンバス布がお手ごろな価格で人気。耐久性は強くありませんが、通気性がよく、足にも馴染みやすいので、おすすめ。

〇前革

布製と革製の良い所取りをした前革製のバレエシューズ。耐久性が必要なつま先部分に、革を使用しています。布素材に比べると、馴染みやすさは落ちますが、耐久性が向上。

〇全革

布や前革に慣れて、バレエシューズの感覚が掴めてきた人に人気の全革製のバレエシューズ。耐久性が最も優れており、伸びやすいので足にフィットしやすいです。

 

バレエ始めたばかりの方は、布素材や前革製のバレエシューズの購入をおすすめします。

 

サイズ

バレエシューズは指が曲がらず、完全に伸ばせることが条件。つま先もかかとも、ぴったりフィットしている必要があるため、普段履くシューズよりも0.5~1.0cm大きいサイズから試し履きしてください。また、普段のレッスンと同じように、タイツを履いた状態で、履くことをおすすめします。

ワイズ

足囲も重要になり、フィットすることが条件。サイズを測ってから試し履きしてください。

国内のメーカーでも幅広くワイズが揃っていますが、外国メーカーの方がより豊富なため、自身に合うバレエシューズがない場合は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ソール

バレエシューズのソールには、底が1枚で繋がっているフルソールと、前後が2つに分けられているスプリットソールがあります。クッション性があり、反発力のあるフルソールは、初心者の方におすすめです。

 

バレエシューズの人気ブンド

では、バレエシューズの購入の際におすすめしたいブランドを厳選してご紹介します。

□レペット

フランスのバレエブランドで、日本でも大人気。バレエ中級者~上級者に特に支持されています。足に手袋を付けているような履き心地が特徴で、1足持っていれば重宝できます。

有名バレエ団のお墨付きで、業界の50%のシェアを築いています。

お値段は3,780円~7,020円ほどになります。少しお値段が高めになる分、長く愛用することができます。子供用から大人用まで幅広く展開。

□チャコット

老舗バレエ用品メーカーとして、バレリーナから定評のあるブランドです。バレエ用品の品揃えが豊富。足指が使いやすい設計で、初心者の方でも履きやすいタイプです。お値段は2,000円台から購入が可能。カラーバリエーションもあるので、好みの色に出会えます。

□マーティ

360°美しく高品質がコンセプトのブランド。高品質なのに、お手頃な価格で手にすることができるため、初心者の方を始め、多くのバレリーナから支持されています。バレエシューズは大人から子供まで、幅広く展開。履き心地よく、伸縮性に優れています。ダンサーのために作られたバレエ用品は、高機能と美しさが両立されています。お値段は、最安値で1,728円なので、初心者の方や趣味でバレエを始める方におすすめです。

□シルビア

国内ブランドで常に人気を誇るブランド。バレエシューズの種類も多く、お値段は2,000円台から購入が可能なので、自分にあったシューズが選びやすいです。初心者の方から上級者まで、長く愛用したくなる質の良さとお手頃な価格で人気を集めています。

 

まとめ

バレエシューズの人気ブランドを厳選してご紹介させて頂きました。

今回は国内ブランドをメインにご紹介しましたが、アメリカやロシア、中国など海外のバレエシューズブランドも人気があります。

バレエシューズは自分にあった物を選ぶことが大切です。今回、ご紹介したブランドは、豊富なラインナップとお手頃価格で購入できるブランドばかり。ぜひ、ご参考ください。

関連記事

  1. バレエで膝が入らない!膝が入る方法はある?

  2. 大人から始めるバレエ!初心者クラスの選び方やしておくべき準備とは

  3. バレエをはじめるときに揃えたい必須アイテム5選