密かにささやかれる噂。バレリーナの足はボロボロって本当?

バレエといえば足の動きが美しく、つま先で立って踊るイメージがありますよね。見ていても分かりますが、つま先立ちは足や爪に大きな負担がかかっています。

そのため、バレリーナたちは涼しい顔をして踊っていますが、シューズの中にある足はボロボロになっているだとか。むしろトラブルを抱えていない人の方が少ないそうです。

本記事では、そんなバレリーナの足に迫ります!本当にボロボロになっているのか、またバレエを始めると足がどう変化していくのか、などをご紹介します。

【はじめに】バレリーナの足の特徴

バレリーナといえば、ほっそりとした長い足のイメージがありますよね。あれだけハードな踊りをしているのにどうして太くならないのでしょうか?

そこで、本題に入る前にバレリーナたちの足事情を見ていきましょう。

<バレリーナの足はどうして細い?>

バレリーナたちは足の筋肉を均等に使っています。そのため、全体が程よく引き締まり、細くなっているのです。

ただ、足の使い方を間違えると細くなるどころか、逆に太くなってしまいます。バレリーナのような細い足を手に入れるためには、正しい足の使い方を習得することが重要です。

<バレリーナの足首>

足首は、かなり使用頻度の高い部分です。ジャンプ、つま先立ち、回転など、ほぼすべての動きを支えているといっても過言ではありません。

そのため、バレリーナの足首は細いながらも非常に強いです。また、バレエは踊りにしなやかさを求められるため、足首は強さと柔軟性を兼ね備えています。

<バレリーナの足の甲>

バレリーナの足の甲は高くて綺麗に伸びることが理想とされています。ただ、足の甲は元々高い人もいますし、低い人だって存在しています。こうなると低い人は圧倒的に不利になるのでは?と思いますよね。確かに元々高い人に比べれば不利かもしれません。しかし、ストレッチや足裏の強化を行うことで、美しい足の甲を作り出すことができます。

そのため、バレリーナたちは日々ストレッチに励み、いかに足の甲が高くて綺麗に伸ばせるかを大切にしています。

<バレリーナの足の裏>

バレエを踊る際は足の裏をよく使います。

そのため、バレリーナの足の裏は鍛えられており、バレエをしていない人に比べると強くなっています。また、足裏が鍛えられていることで足先が綺麗に伸び、高いジャンプを可能にしてくれます。

過酷な状況で戦うバレリーナの足

本題であるバレリーナの足はボロボロなのかという噂。

結論から言うと、バレリーナの足はボロボロです。

もちろん個人差はあるものの、多くの人が足にタコやマメができたり、外反母趾になったりしています。テーピングを巻いてバレエをすることもあるそうですが、それでもケガを完全に防ぐことは不可能なのだとか。

また、ケガを防ごうとしてテーピングを強く巻きすぎると、思い通りに踊りができなくなってしまうという問題が発生します。まさに八方塞がりですよね。

特に負担が大きくかかる、つま先は想像以上にボロボロになってしまうようです。では、バレリーナのつま先はどのようになっているのか見ていきましょう。

<つま先の爪>

つま先の爪は全体重を支えているため、形が変わったり、割れたりするのが当たり前。ときには巻き爪になることも。想像するだけで痛いですね。

このように負担の大きい爪先は、ペディキュアをして保護するバレリーナが多いようです。また、爪は爪切りではなく、爪やすりを使って長さを調節するのが一般的だと言われています。

<つま先の皮膚>

バレエではつま先で立つことが多いため、おのずと皮膚がボロボロになってきます。皮がむけて血が出る、水ぶくれができるのは日常茶飯事。これを繰り返すことでタコができたり、皮が硬くなったりします。

バレエをしていると足が変形するって本当?

足が変形するかどうかは個人差があります。そのため、中にはバレエをしていても変形していないという人もいます。

ただ、小さいころからバレエをしていると、足が変形してしまうようです。特に12歳までは足の骨が柔らかく、変形しやすい状態になっています。その時期にトゥシューズの基礎や正しい履き方を知らずに練習していると、足の変形を加速させる原因となります。

一方、バレエの教育が進んでいる海外では12歳までトゥシューズを履かせず、足の強化に取り組むそうです。こうすることで、足の変形を防ぐことができるのだとか。

綺麗な踊りの下には人知れぬ努力があった…!

バレリーナたちは、いつも笑顔で美しい踊りを見せてくれます。しかし、その素晴らしい舞台は想像以上の努力があってこそ成り立っているもの。足がボロボロになろうが、怪我をしていようが、バレリーナは苦痛に耐えて私たちに美しい舞台を提供してくれています。

このような裏事情を知ることで、バレエの舞台がより魅力的に見えるはずです。

関連記事

  1. バレエで膝が入らない!膝が入る方法はある?

  2. バレエのコンクールで入賞する子はどんな子?入賞するためのポイントとは

  3. はじめてのバレエ鑑賞!観たい「作品」はどうやって選ぶ?