バレエ教室の選び方は見学や体験レッスンが決め手!

日本は「バレエ大国」と言われるくらい、バレエを習う方が多く、教室も豊富に展開しています。初めてバレエを習う方は、教室選びに迷われるかもしれません。

そこで、バレエ教室の選び方をご紹介します。自分に合った教室と出会うためにも「なぜ、バレエを始めたいのか?」をしっかり把握しておきましょう。

そもそもバレエにかかる費用はどれくらい?

レッスンを受けるためには、まず入会費と月々のレッスン料が発生します。

入会金の相場は5,000円~10,000円ほどになりますが、バレエ団が開いている教室では、相場より高い可能性があります。

レッスン料は月謝やチケット制などがありますが、週1回のレッスンで大体10,000円前後が相場となります。月謝は比較的安いですが、定期的に受けられない場合は振替がきかないこともあるので気を付けてください。チケット制は1回あたりの費用が割高にはなりますが、レッスンを受ける曜日が定まらない方におすすめです。ライフスタイルによって変わってくるので、日々の予定をしっかり把握しておきましょう。

次に、バレエのレッスンを受ける際の服装や小物用品代。

タイツやバレエシューズ、レオタードなどのバレエ用品が必要になりますが、週に3.4回通うとなればストックも購入しておくべき。趣味でバレエをする場合や大人の場合は、定期的な交換は必要ないかと思いますが、小さなお子様の場合は成長とともに買い替えしなければなりません。さらに、発表会やコンクールに出演する際の費用などもあります。規模が大きければ10万円程度の費用が必要になり、衣装代もかかります。レッスンを受ける教室によって金額は異なります。しかし、プロを目指すほど、留学のことを考えると高額のお金が必須になります。将来の投資として可能性を広げてあげるようバックアップしてあげてください。趣味でバレエをするなら、月10,000円程度で受けられる教室も増えてきています。

バレエから得ることのできるメリット

バレエを習うことでどのようなメリットが得られるのでしょうか。

子どもの場合

□リズム感がつく

□姿勢矯正

□集中力

□バランス感覚が良くなる

□芸術的な完成が身につく

 

大人の場合

□ダイエット

□脳の活性化

□柔軟性で怪我防止

□リフレッシュ

 

子どもと大人、どちらにも大きなメリットがあるバレエ。

大人から始めると、慣れない動きもあるので苦戦してしまうこともあるかもしれませんが、

やりがいのある習い事になります。ぜひ、年齢関係なく、バレエを始めてみましょう。

子どものためのバレエ教室の選び方

プロへの道を視野に入れているならば、本格的なレッスンが受けられる教室を選ぶことが大切です。また、お子様自身が通いたいという気持ちにならなければ、挫折してしまうこともあります。入会する前に、見学や体験を受けてレッスンの内容や雰囲気を調べておきましょう。また、いくつかのバレエ教室を探し出して比較していくと、より良い教室と出会いやすくなります。

 

では、教室の種類を何パターンかご紹介します。

□バレエ団付属

プロの道に1番近づける、バレエ団付属の教室は育成を目的にレッスンされます。

筋が良いと、舞台に出られることもあるので、本格的なダンサーを目指すならおすすめ。

バレエ団によって躍りの雰囲気が変わるので、お子様と舞台を観に行くなどして、好きなバレエ団を見つけてください。

 

□カルチャーセンター

気軽に入会しやすく、初心者の方に人気があります。趣味でバレエを続けていきたい方に、人気のある教室。カルチャーセンターの場合、発表会がある所とない所があるため、日ごろの成果を試したい場合は、発表会の有無を事前に問い合わせしてください。

 

□バレエ専門学校

スタジオや教室とは違い、バレエを専門で学べる学校もあります。

プロの道に進みたい、留学を考えているなど、世界に視野を広げるなら、専門学校を受験して本格的に習う手もあります。

選ぶ際のポイント

①気になる教室を見つけたら、料金とアクセス方法、スケジュールを確認してください。

今後支払っていけるか、通える日があるか、通える範囲内かは継続するためにも必要な確認事項になります。

 

②講師のプロフィールも重要なポイントになります。

バレエには、講師資格がありません。そのため、講師の経歴や受賞歴によって判断します。

プロダンサーになりたい場合は、留学経験や海外バレエ団の在籍、受賞歴があるほど質の高いレッスンが期待できます。

 

③見学や体験レッスンで、教室の雰囲気や生徒の様子、先生の指導の仕方、生徒数を確認しましょう。

バレエは天然の木床かリノリウム素材の床が適しています。また、鏡があるか、教室の広さやバーの種類もチェックしてください。初めてバレエを習われるときは、基礎をしっかり教えてもらえるかにも注目しておきましょう。

大人のためのバレエ教室の選び方

最近はバレエブームということもあり、老若男女問わず注目されています。

実際に、年配の方が健康のために始め、主婦の方々がダイエットや美容のために習い始める傾向があります。では、大人の場合、どのようにしてバレエ教室を選べばいいのでしょうか。

まず、人間関係や生徒の年齢層をチェックしておくべき。

「大人のバレエ教室」専門で開かれているところもありますが、「中学生以上~大人」とひとまとめにされているところもあります。対象年齢が幅広すぎると、若い人が多くなりがちなので、自分に近い年代の方と出会えない可能性も。もし、年の近いバレエ仲間を作りたいなら、体験レッスンや見学をして、レッスンを受けている人に注目してみましょう。

また、アットホームな空間かも、継続するための大切なポイントです。

 

他にも、通える曜日や時間に制限がある方も多いと思うので、チケット制があるかも確認しておきましょう。美容やダイエットを目的とした「バレエエクササイズ」の教室も増えているので、ご参考ください。

まとめ

バレエ教室の選ぶコツは、子どもも大人も共通として「継続したい」と思えるかがポイントになります。そのためにも、下調べが肝心。気になるところ1つで決めてしまわず、複数の教室をピックアップして、見学や体験レッスンを受けて選んでください。

関連記事

  1. 【バレリーナの食事】朝食

  2. バレエをしているとスタイルが良くなるって本当?理由を徹底解明!

  3. 似てるけど別物!クラシックバレエとモダンバレエの違いとは