人気で安いおすすめのバレエシューズ3選。選び方も一緒にご紹介

女性なら一度は憧れたことのある「バレエ」。そんなバレエレッスンに欠かせない「バレエシューズ」ですが、様々な種類があってどれにすればいいのか分からない方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、人気が高くて安いおすすめバレエシューズをご紹介します!

また、バレエシューズは選び方が大切ですので、どのようなポイントを見ればいいのかも一緒に解説しています。これからバレエシューズを購入する方は、参考にしてくださいね。

購入前に知っておきたい!バレエシューズの選び方

バレエシューズを選ぶ際は素材、ソール、サイズ、メーカーなどをポイントにして選ぶことをおすすめします。では、それぞれどのようなところを見ればいいのか、ご紹介します。

 

①素材を選ぶ

バレエシューズの素材は全部で4種類。ただ、サテン生地のものは基本的に舞台上でしか使用されませんので、今回は省いています。
・前皮タイプ
バレエシューズの中でも負担が大きい、つま先部分が皮になっているタイプです。他のものより耐久性に優れているため、レッスンの際に大活躍してくれることでしょう。また、布よりも滑りにくく、安定感があります。
・布タイプ
完全に布で出来ているため、柔らかくて足馴染みも良いです。また、軽くて扱いやすいというメリットも持ちますので、初心者さんにもおすすめ!上記の前皮タイプに比べると耐久性に劣りますが、床の材質を選ばずに使用できます。
・皮タイプ
前だけでなく、全部が皮で出来ているタイプです。なんといっても耐久性に優れていますので、レッスン量の多い人やプロに愛用されています。

②ソールを選ぶ

ソールとはバレエシューズの底についている皮の部分を指しています。このソールには2種類存在していますので、それぞれご紹介します。
・フルソール
フルソールは底が1枚で、足裏の前後が繋がっています。そのため、足にしっかりと力を入れることができ、安定したルルベを行うことが可能です。特に初心者さんは、フルソールがおすすめ!
・スプリットソール
足裏の前後でソールが分かれており、底が2枚になっています。ソールの面積が狭いため、足を楽に動かすことができます。安定感はないものの、足先のラインが綺麗に出るというメリットを持ちます。

③サイズを選ぶ

バレエシューズと普段履いているスニーカーはサイズ感が異なります。そのため、バレエシューズを選ぶ際はいつものサイズから0.5~1cm大きいものを選びましょう。
また、メーカーによってサイズ感が変わってくるため、初めは通販ではなく、試し履きしてみてください。試し履きの際は、レッスンのときと同様にタイツや靴下を履くことのがおすすめです。

④メーカーで選ぶ

バレエシューズを販売しているメーカーをいくつかご紹介。

・チャコット

チャコットは信頼と安定の老舗バレエ用品メーカー。ベーシックで質の高いアイテムが多数揃っています。また、バレエシューズは柔らかくて履きやすいと評判になっています。

・マーティ

「360°美しく高品質」をコンセプトにしているマーティ。高品質ながら価格はリーズナブルで、初心者も手を出しやすいブランドです。また、足にぴったりとフィットするバレエシューズが揃っています。

・シルビア

チャコット同様、バレエ用品店ではメジャーなブランドです。有名ではありますが、アイテムはお手頃価格で購入できます。また、バレエシューズは足のつま先部分が浅いのが特徴です。

 

人気で安い!おすすめのバレエシューズ①BLOCH パンプスプリットソール メンズバレエシューズ/¥3,240(税込)

こちらはメンズ向けのバレエシューズです。キャンバス地を採用し、心地よい履き心地を実現。また、足裏にしっかりフィットしてくれますので、綺麗なアーチを作れます。ソールの皮は薄めにし、かかと部分には足の負担を軽減するクッションを敷いています。

 

人気で安い!おすすめのバレエシューズ②マーティバレエシューズ/¥1,728~1,944(税込)

こちらはバレエブランド「マーティ」のオリジナルバレエシューズです。伸縮性のある生地を採用し、履き心地と踊りやすさを追求。また、足にフィットしてくれるため、床との間隔がつかみやすくなっています。足に何も履いていないような軽さも、マーティバレエシューズの魅力です。

人気で安い!おすすめのバレエシューズ③CAPEZIO ハナミ レディースバレエシューズ/¥3,240(税込)

伸縮性のある生地を使い、オーダーメイドのようなフィット感を実現。足先のアーチも美しく魅せてくれます。また、こちらのバレエシューズはスプリットソールとなっているため、どんなジャンルにも対応可能です。

まとめ

人気で安いバレエシューズと選び方をご紹介しました。

バレエシューズには様々なデザインがありますが、やはり自分の足に合ったものを選ぶことが重要。これから長い時間を共にするアイテムだからこそ、妥協をせずにじっくり吟味して選んでくださいね!

関連記事

  1. 子供バレエの髪型はどうする?ショートヘア・毛が少ない子のシニヨン作り方

  2. バレエのコンクールで入賞する子はどんな子?入賞するためのポイントとは

  3. 子供をバレエ教室に通わせたい!教室を選ぶポイントや注意すべきこととは