大人のバレエ練習に安いレオタードはNG?レオタードの選び方を解説!

バレエと言えば女性なら誰でも憧れる習い事です。

最近では大人のバレエ教室も流行っていて、何歳になってからでも始められるバレエでは練習着としてレオタードがよく着用されています。

習い事っていつの時代でもお金がかかるものですから、なるべく練習着などは安いもので揃えたいところ。でも安いものだとあんまり良くないのでは…と心配している方に、レオタードは値段によってどう違ってくるのか、初心者はどんなものを購入すれば良いのかご紹介します。

レオタードはいくらくらいするものなのか!

市場に出回っているレオタードは、1万円~5万円前後するものが多いです。

販売店によって、レオタードのデザインや形状が違ってくるため値段にも差が出てきます。

ですが、始めたばかりやこれから始める人にとって1万円以上のレオタードを用意することはなかなか難しいですよね。着替えや洗い替え用に数着用意をしたいため、もう少し安く済ませたいところ。

レオタードにも金額の差はありますが、海外メーカーのシンプルなものを選べば3,000円程で購入できます。さらに国産メーカーでも、シンプルなデザインなら6,000円程度のものもあります。国産メーカーのものが人気ありますが、海外メーカーでも大手の商品なら生地や縫製も長持ちするものも多くあります。

安いレオタードはどうなの?

レオタードは何と言っても練習着。実際の発表会やコンクールで着用するものではありませんので、安いからと言って悪いものというわけではありません。

自分の身体にフィットしてくれる気に入ったものならどんな金額のものでも、練習に身が入るのであれば大丈夫です。

レオタードの上手な選び方とは

ネットでも簡単に購入できますが体にフィットしたものの方が良いため、実際にお店に行って試着してからの購入がお勧めです。

①この格好で練習がしたい!と思うもの

何よりも重要なことです。これを着たら楽しく練習ができそうだと思うものを着用することでモチベーションもあがります。お気に入りの服は自然と姿勢が良くなったり、気分が良くなったりしますよね。気に入ったレオタードを着用すると、バレエに必要な創造力や表現力の向上にも繋がる可能性があります。金額やデザイン性を考慮するのはもちろんですが、自分が着たいと思うものを選ぶのが一番です。

②機能性が優れたもの

どんなに安くても高くても、レオタードは練習中ずっと着用しているものです。バレエは繊細な競技なので、指先の1本まで美しく魅せないといけません。そのためにもレオタードは伸縮性があり、筋肉を支えてくれる機能性が優れたものでないといけません。

腕の動かしやすいキャミソールタンクのようなノースリーブタイプや1/2~3/4スリーブなどの腕がお勧めです。

③バスト部分の造りを確認する

レオタードの中にはブラカップ(バストパッド)がついていないものも多くあります。ついていなくても、別売りのカップを縫い付ける方法もあります。薄いレオタードや発表会などにも使用できるカップは用意しておくと便利です。またダンス用のブラを後につけることもできるので、バスト部分の造りはよく確認しておきましょう。

④ボトムスを足してみる

レオタードは1枚のみでも着用できますが、始めたての頃は下半身が気になるもの。そんな時はボトムスを着用してみてはいかがでしょう。着用の規定がある場合もありますが、自分が綺麗に見えるものを着用するためにもボトムスが必要な場合があります。

腰ひもをウエストに巻きつけて結ぶ巻きスカートや、ショーツが内蔵されたスカートタイプや、季節に応じてパンツを選んでみてもいいかもしれません。

バレエ用じゃなくても大丈夫!

教室によって規定はいろいろあるかもしれませんが、始めたての頃にはとにかく気に入ったもの、好きなものを着ることが上達へ繋がります。バレエ用の中に気に入った練習着が見つからなければ、ヨガやランニング用として販売されているレギンスなども転用できます。

レオタードはバレエの繊細な動きを確認するために着用します。細かい動きがわかりやすい恰好であればバレエ用のものではなくても大丈夫です。

特にボトムスはヨガ用のレギンスやランニング用のショートパンツなど動きやすく、機能性に優れたものも多いです。その中から気に入ったものを合わせるのも楽しい選び方です。

まとめ

レオタードのフィット感は身体の線やフォルムが見えてしまい、慣れるまではどうしても恥ずかしく思えてしまいます。

慣れてくるまではボトムスを履いたり、パンツタイプを選んだりと工夫を凝らすのもまた楽しみの一つです。バレエが上達していけば身体へのフィット感や繊細の動きの見えやすさから薄く、機能性が優れたものを選ぶようになっていきます。

所作や姿勢が美しくなり、バレエが楽しくなるにつれてレオタードを選ぶこともどんどん楽しくなります。バレエの上達にレオタードの値段は関係ありません。好きなデザインで好きな形のものを、好きなように着ればバレエがもっと楽しくなりますよ♪

関連記事

  1. 子どものバレエの才能はいつ開花する?見極め方についてもご紹介

  2. バレエを習い事にするということ!意外と知らないメリット・デメリット

  3. 子供バレエの髪型はどうする?ショートヘア・毛が少ない子のシニヨン作り方