小さいころ(5歳)からバレエをはじめるリアルなお金の話

「バレエ=お金がかかる」というイメージが強いバレエの世界。なんだか敷居が高い印象が強いですよね。では本当にバレエはお金がかかるのでしょうか?そして小さいころから始めるといいと言われている理由は?バレエのリアル事情を詳しくご紹介していきます。

子どもがしたい習い事ランキング上位

女の子がしたい習い事ランキング上位をずっと保っている「バレエ」。その華やかな雰囲気は、やっぱり憧れの対象ですよね♪さらに、将来子どもへさせたい習い事のランキングでも、バレエはいつも上位となっています。バレエ経験者が親御さんが、自分の子どもも習わせたいと小さいころからバレエをはじめるお子さんって多いんです。

小さいころから習うメリット

・姿勢やスタイルが良くなる

・持久力、辛抱強さがつく

・挨拶や礼儀が身につく

幼少期からバレエを親しんでいても、バーレッスンやトウシューズを使い本格的バレエを学び始めるのは、プロのバレエ学校でも8歳~10歳ごろです。では、なぜ小さいころからバレエを習うといいのか?

それは大きくなってバレエを始めたら、レベルの差が開いてしまっているから!バレエは踊りの中でもセンスだけでなく、積み重ねが大切と言われています。1日2日で習得できるものではなく、繰り返し行うことでバレエに適した筋肉や身体をつくりだします。そのため突然レッスンに参加してもついていけません…。なので、本格的なレッスンが始まる8~10歳より前の、5歳ころから始めておくと良いと言われています。

さらに、バレエは実力社会なので、発表会などでは、上手な子から良い役割・立ち位置をもらることがほとんど。大きくなってから始めた場合は、幼少期から習っている子に追いつくためには、相当な努力が必要です。そのため個人レッスンを依頼する方もいらっしゃいます。その結果、お金の面だけでも、余計に費用がかかってしまうことになります。趣味程度なら、どの年齢から始めても問題ありませんが、本格的にバレエを行うなら5歳など小さいころから始めるに越したことはありません。

さらに、小さいころから始めると、バレエの雰囲気や環境に合うかどうかを早めに判断できるというメリットがあります。また月謝や衣服などのお金の問題も大きくなってから始めるより安く済みますよ。

バレエをはじめるにあたってかかるお金

では、まずバレエをはじめるにあたって、かかる費用の代表的なものを紹介します。

入会金と月謝

入会金:平均10,000円~30,000円

月謝:平均6,000円

※シーズンや教室によって入会金が無料のところもあります。

バレエ必須アイテム

バレエシューズやレオタードなどのバレエウェア、タイツなどのアイテムがレッスンには必要となります。

レオタード 平均4,000円

タイツ 平均2,000円

バレエシューズ 平均3,000円

合計 10,000円前後

最近はネットなどで安く販売されているものが、多くなっています。継続や成長とともに買い替えることを考えれば、教室で決まりがない限り、プチプライスのもを購入しても良いでしょう◎

レッスンのお金事情

週1レッスンの月謝 平均6,000円

その教室の規模にもよりますが、5歳の子たちが通う幼児クラスは平均は6,000円程度。レッスンにかかるお金は他の習い事と大きく差はないかと思います。

ただし、今後発表会に出ると強化レッスンがあったり、本格的なレッスンがはじめると、週4~6回のレッスン数が通常となります。

発表会のお金事情

1回の発表会代金 平均100,000円

詳細

ー出演料金

ーチケット料金

ー衣装料金

ーお花、ゲストダンサー、先生のお礼金

バレエはお金がかかるといわれる一番の要因は、発表会費用ではないでしょうか?可憐な衣装に舞台の装飾、照明など華やかな舞台を作り上げるには、お金がかかります。出演する演目数、発表会の規模によって変動するので一概には言えませんが、発表会への出演料は高くなります。

ですが、最近は衣装を購入ではなく、レンタルするなど価格を抑える工夫をしている教室も増えています。

5歳からバレエをはじめたら…

バレエをはじめるにあたってかかるお金は平均25,000円程度というところでしょうか?

他の習い事に比べるとすこしだけ高いかもしれません。ですが、小さいころから、習うメリットはたくさん!

とくにバレエはダンスの基礎中の基礎。将来別のジャンルのダンスやミュージカル、芸事の世界に興味が出たときに役に立つこと間違いなしです。また街中で見かけても、一目でバレエを習っていると判ります。

それは、姿勢やしなやかな手の動きを習得することにより、品や可憐な雰囲気を得てるためです。バレエのレッスンは、基本クラシック音楽で行うので、リズム感だけでなく芸術的な感覚も身に付きますよ。はじめるか迷っているときは、百聞は一見に如かず!

見学や体験レッスンに参加してみるのはいかがでしょうか?教室によって雰囲気が異なるので、何件か行ってみるのもオススメですよ♪

小さいころ(5歳)からバレエをはじめるリアルなお金の話

「バレエ=お金がかかる」というイメージが強いバレエの世界。なんだか敷居が高い印象が強いですよね。では本当にバレエはお金がかかるのでしょうか?そして小さいころから始めるといいと言われている理由は?バレエのリアル事情を詳しくご紹介していきます。

子どもがしたい習い事ランキング上位

女の子がしたい習い事ランキング上位をずっと保っている「バレエ」。その華やかな雰囲気は、やっぱり憧れの対象ですよね♪さらに、将来子どもへさせたい習い事のランキングでも、バレエはいつも上位となっています。バレエ経験者が親御さんが、自分の子どもも習わせたいと小さいころからバレエをはじめるお子さんって多いんです。

小さいころから習うメリット

・姿勢やスタイルが良くなる

・持久力、辛抱強さがつく

・挨拶や礼儀が身につく

幼少期からバレエを親しんでいても、バーレッスンやトウシューズを使い本格的バレエを学び始めるのは、プロのバレエ学校でも8歳~10歳ごろです。では、なぜ小さいころからバレエを習うといいのか?

それは大きくなってバレエを始めたら、レベルの差が開いてしまっているから!バレエは踊りの中でもセンスだけでなく、積み重ねが大切と言われています。1日2日で習得できるものではなく、繰り返し行うことでバレエに適した筋肉や身体をつくりだします。そのため突然レッスンに参加してもついていけません…。なので、本格的なレッスンが始まる8~10歳より前の、5歳ころから始めておくと良いと言われています。

さらに、バレエは実力社会なので、発表会などでは、上手な子から良い役割・立ち位置をもらることがほとんど。大きくなってから始めた場合は、幼少期から習っている子に追いつくためには、相当な努力が必要です。そのため個人レッスンを依頼する方もいらっしゃいます。その結果、お金の面だけでも、余計に費用がかかってしまうことになります。趣味程度なら、どの年齢から始めても問題ありませんが、本格的にバレエを行うなら5歳など小さいころから始めるに越したことはありません。

さらに、小さいころから始めると、バレエの雰囲気や環境に合うかどうかを早めに判断できるというメリットがあります。また月謝や衣服などのお金の問題も大きくなってから始めるより安く済みますよ。

バレエをはじめるにあたってかかるお金

では、まずバレエをはじめるにあたって、かかる費用の代表的なものを紹介します。

入会金と月謝

入会金:平均10,000円~30,000円

月謝:平均6,000円

※シーズンや教室によって入会金が無料のところもあります。

バレエ必須アイテム

バレエシューズやレオタードなどのバレエウェア、タイツなどのアイテムがレッスンには必要となります。

レオタード 平均4,000円

タイツ 平均2,000円

バレエシューズ 平均3,000円

合計 10,000円前後

最近はネットなどで安く販売されているものが、多くなっています。継続や成長とともに買い替えることを考えれば、教室で決まりがない限り、プチプライスのもを購入しても良いでしょう◎

レッスンのお金事情

週1レッスンの月謝 平均6,000円

その教室の規模にもよりますが、5歳の子たちが通う幼児クラスは平均は6,000円程度。レッスンにかかるお金は他の習い事と大きく差はないかと思います。

ただし、今後発表会に出ると強化レッスンがあったり、本格的なレッスンがはじめると、週4~6回のレッスン数が通常となります。

発表会のお金事情

1回の発表会代金 平均100,000円

詳細

ー出演料金

ーチケット料金

ー衣装料金

ーお花、ゲストダンサー、先生のお礼金

バレエはお金がかかるといわれる一番の要因は、発表会費用ではないでしょうか?可憐な衣装に舞台の装飾、照明など華やかな舞台を作り上げるには、お金がかかります。出演する演目数、発表会の規模によって変動するので一概には言えませんが、発表会への出演料は高くなります。

ですが、最近は衣装を購入ではなく、レンタルするなど価格を抑える工夫をしている教室も増えています。

5歳からバレエをはじめたら…

バレエをはじめるにあたってかかるお金は平均25,000円程度というところでしょうか?

他の習い事に比べるとすこしだけ高いかもしれません。ですが、小さいころから、習うメリットはたくさん!

とくにバレエはダンスの基礎中の基礎。将来別のジャンルのダンスやミュージカル、芸事の世界に興味が出たときに役に立つこと間違いなしです。また街中で見かけても、一目でバレエを習っていると判ります。

それは、姿勢やしなやかな手の動きを習得することにより、品や可憐な雰囲気を得てるためです。バレエのレッスンは、基本クラシック音楽で行うので、リズム感だけでなく芸術的な感覚も身に付きますよ。はじめるか迷っているときは、百聞は一見に如かず!

見学や体験レッスンに参加してみるのはいかがでしょうか?教室によって雰囲気が異なるので、何件か行ってみるのもオススメですよ♪

小さいころ(5歳)からバレエをはじめるリアルなお金の話

「バレエ=お金がかかる」というイメージが強いバレエの世界。なんだか敷居が高い印象が強いですよね。では本当にバレエはお金がかかるのでしょうか?そして小さいころから始めるといいと言われている理由は?バレエのリアル事情を詳しくご紹介していきます。

子どもがしたい習い事ランキング上位

女の子がしたい習い事ランキング上位をずっと保っている「バレエ」。その華やかな雰囲気は、やっぱり憧れの対象ですよね♪さらに、将来子どもへさせたい習い事のランキングでも、バレエはいつも上位となっています。バレエ経験者が親御さんが、自分の子どもも習わせたいと小さいころからバレエをはじめるお子さんって多いんです。

小さいころから習うメリット

・姿勢やスタイルが良くなる

・持久力、辛抱強さがつく

・挨拶や礼儀が身につく

幼少期からバレエを親しんでいても、バーレッスンやトウシューズを使い本格的バレエを学び始めるのは、プロのバレエ学校でも8歳~10歳ごろです。では、なぜ小さいころからバレエを習うといいのか?

それは大きくなってバレエを始めたら、レベルの差が開いてしまっているから!バレエは踊りの中でもセンスだけでなく、積み重ねが大切と言われています。1日2日で習得できるものではなく、繰り返し行うことでバレエに適した筋肉や身体をつくりだします。そのため突然レッスンに参加してもついていけません…。なので、本格的なレッスンが始まる8~10歳より前の、5歳ころから始めておくと良いと言われています。

さらに、バレエは実力社会なので、発表会などでは、上手な子から良い役割・立ち位置をもらることがほとんど。大きくなってから始めた場合は、幼少期から習っている子に追いつくためには、相当な努力が必要です。そのため個人レッスンを依頼する方もいらっしゃいます。その結果、お金の面だけでも、余計に費用がかかってしまうことになります。趣味程度なら、どの年齢から始めても問題ありませんが、本格的にバレエを行うなら5歳など小さいころから始めるに越したことはありません。

さらに、小さいころから始めると、バレエの雰囲気や環境に合うかどうかを早めに判断できるというメリットがあります。また月謝や衣服などのお金の問題も大きくなってから始めるより安く済みますよ。

バレエをはじめるにあたってかかるお金

では、まずバレエをはじめるにあたって、かかる費用の代表的なものを紹介します。

入会金と月謝

入会金:平均10,000円~30,000円

月謝:平均6,000円

※シーズンや教室によって入会金が無料のところもあります。

バレエ必須アイテム

バレエシューズやレオタードなどのバレエウェア、タイツなどのアイテムがレッスンには必要となります。

レオタード 平均4,000円

タイツ 平均2,000円

バレエシューズ 平均3,000円

合計 10,000円前後

最近はネットなどで安く販売されているものが、多くなっています。継続や成長とともに買い替えることを考えれば、教室で決まりがない限り、プチプライスのもを購入しても良いでしょう◎

レッスンのお金事情

週1レッスンの月謝 平均6,000円

その教室の規模にもよりますが、5歳の子たちが通う幼児クラスは平均は6,000円程度。レッスンにかかるお金は他の習い事と大きく差はないかと思います。

ただし、今後発表会に出ると強化レッスンがあったり、本格的なレッスンがはじめると、週4~6回のレッスン数が通常となります。

発表会のお金事情

1回の発表会代金 平均100,000円

詳細

ー出演料金

ーチケット料金

ー衣装料金

ーお花、ゲストダンサー、先生のお礼金

バレエはお金がかかるといわれる一番の要因は、発表会費用ではないでしょうか?可憐な衣装に舞台の装飾、照明など華やかな舞台を作り上げるには、お金がかかります。出演する演目数、発表会の規模によって変動するので一概には言えませんが、発表会への出演料は高くなります。

ですが、最近は衣装を購入ではなく、レンタルするなど価格を抑える工夫をしている教室も増えています。

5歳からバレエをはじめたら…

バレエをはじめるにあたってかかるお金は平均25,000円程度というところでしょうか?

他の習い事に比べるとすこしだけ高いかもしれません。ですが、小さいころから、習うメリットはたくさん!

とくにバレエはダンスの基礎中の基礎。将来別のジャンルのダンスやミュージカル、芸事の世界に興味が出たときに役に立つこと間違いなしです。また街中で見かけても、一目でバレエを習っていると判ります。

それは、姿勢やしなやかな手の動きを習得することにより、品や可憐な雰囲気を得てるためです。バレエのレッスンは、基本クラシック音楽で行うので、リズム感だけでなく芸術的な感覚も身に付きますよ。はじめるか迷っているときは、百聞は一見に如かず!

見学や体験レッスンに参加してみるのはいかがでしょうか?教室によって雰囲気が異なるので、何件か行ってみるのもオススメですよ♪

小さいころ(5歳)からバレエをはじめるリアルなお金の話

「バレエ=お金がかかる」というイメージが強いバレエの世界。なんだか敷居が高い印象が強いですよね。では本当にバレエはお金がかかるのでしょうか?そして小さいころから始めるといいと言われている理由は?バレエのリアル事情を詳しくご紹介していきます。

子どもがしたい習い事ランキング上位

女の子がしたい習い事ランキング上位をずっと保っている「バレエ」。その華やかな雰囲気は、やっぱり憧れの対象ですよね♪さらに、将来子どもへさせたい習い事のランキングでも、バレエはいつも上位となっています。バレエ経験者が親御さんが、自分の子どもも習わせたいと小さいころからバレエをはじめるお子さんって多いんです。

小さいころから習うメリット

・姿勢やスタイルが良くなる

・持久力、辛抱強さがつく

・挨拶や礼儀が身につく

幼少期からバレエを親しんでいても、バーレッスンやトウシューズを使い本格的バレエを学び始めるのは、プロのバレエ学校でも8歳~10歳ごろです。では、なぜ小さいころからバレエを習うといいのか?

それは大きくなってバレエを始めたら、レベルの差が開いてしまっているから!バレエは踊りの中でもセンスだけでなく、積み重ねが大切と言われています。1日2日で習得できるものではなく、繰り返し行うことでバレエに適した筋肉や身体をつくりだします。そのため突然レッスンに参加してもついていけません…。なので、本格的なレッスンが始まる8~10歳より前の、5歳ころから始めておくと良いと言われています。

さらに、バレエは実力社会なので、発表会などでは、上手な子から良い役割・立ち位置をもらることがほとんど。大きくなってから始めた場合は、幼少期から習っている子に追いつくためには、相当な努力が必要です。そのため個人レッスンを依頼する方もいらっしゃいます。その結果、お金の面だけでも、余計に費用がかかってしまうことになります。趣味程度なら、どの年齢から始めても問題ありませんが、本格的にバレエを行うなら5歳など小さいころから始めるに越したことはありません。

さらに、小さいころから始めると、バレエの雰囲気や環境に合うかどうかを早めに判断できるというメリットがあります。また月謝や衣服などのお金の問題も大きくなってから始めるより安く済みますよ。

バレエをはじめるにあたってかかるお金

では、まずバレエをはじめるにあたって、かかる費用の代表的なものを紹介します。

入会金と月謝

入会金:平均10,000円~30,000円

月謝:平均6,000円

※シーズンや教室によって入会金が無料のところもあります。

バレエ必須アイテム

バレエシューズやレオタードなどのバレエウェア、タイツなどのアイテムがレッスンには必要となります。

レオタード 平均4,000円

タイツ 平均2,000円

バレエシューズ 平均3,000円

合計 10,000円前後

最近はネットなどで安く販売されているものが、多くなっています。継続や成長とともに買い替えることを考えれば、教室で決まりがない限り、プチプライスのもを購入しても良いでしょう◎

レッスンのお金事情

週1レッスンの月謝 平均6,000円

その教室の規模にもよりますが、5歳の子たちが通う幼児クラスは平均は6,000円程度。レッスンにかかるお金は他の習い事と大きく差はないかと思います。

ただし、今後発表会に出ると強化レッスンがあったり、本格的なレッスンがはじめると、週4~6回のレッスン数が通常となります。

発表会のお金事情

1回の発表会代金 平均100,000円

詳細

ー出演料金

ーチケット料金

ー衣装料金

ーお花、ゲストダンサー、先生のお礼金

バレエはお金がかかるといわれる一番の要因は、発表会費用ではないでしょうか?可憐な衣装に舞台の装飾、照明など華やかな舞台を作り上げるには、お金がかかります。出演する演目数、発表会の規模によって変動するので一概には言えませんが、発表会への出演料は高くなります。

ですが、最近は衣装を購入ではなく、レンタルするなど価格を抑える工夫をしている教室も増えています。

5歳からバレエをはじめたら…

バレエをはじめるにあたってかかるお金は平均25,000円程度というところでしょうか?

他の習い事に比べるとすこしだけ高いかもしれません。ですが、小さいころから、習うメリットはたくさん!

とくにバレエはダンスの基礎中の基礎。将来別のジャンルのダンスやミュージカル、芸事の世界に興味が出たときに役に立つこと間違いなしです。また街中で見かけても、一目でバレエを習っていると判ります。

それは、姿勢やしなやかな手の動きを習得することにより、品や可憐な雰囲気を得てるためです。バレエのレッスンは、基本クラシック音楽で行うので、リズム感だけでなく芸術的な感覚も身に付きますよ。はじめるか迷っているときは、百聞は一見に如かず!

見学や体験レッスンに参加してみるのはいかがでしょうか?教室によって雰囲気が異なるので、何件か行ってみるのもオススメですよ♪

関連記事

  1. 世界を代表する美しいバレエ劇場その1

  2. みんな知ってる?バレエ初心者の上達の秘訣は○○だった!?

  3. バレエの土台はつま先!つま先を強化するトレーニング方法をご紹介!