男性バレエダンサーが大人気!男性のバレエの始め方を紹介!

バレエは女性がするものというイメージが強いと思いますが、最近では世界的にも日本人男性のバレエダンサーの活躍が目立ちます。バレエダンサーには筋肉が必要なので、その肉体美に憧れる人も多く人気を集めています。また男性向けのバレエ雑誌も発売されるなど、男性がバレエを大人になってから始める「バレエ男子」と呼ばれる方が近年急増しています。では実際に男性がバレエを始めたいという場合には、どのようにすればいいのでしょうか。

男性がバレエを始めるにはどうすればいいの?

男性がまずバレエを始めると苦戦するのは、バレエ教室を探すことです。バレエは継続することが最も重要とされており、教室を選ぶポイントとして重視すべきなのは「通いやすさ」です。バレエ教室は女性の方が多いところがほとんどです。そのため女性が多い教室であれば通いにくく辞めてしまうというケースもあるので、男性目線で教えてくれる先生かいるかどうかもチェックしておきましょう。ではどのように探せば自分に合った教室を見つけることができるのでしょうか。

①教室には種類がある

バレエ教室には大きく分けると4つの種類があります。違いを知って自分のライフスタイルや目的に合ったものを選びましょう。

1、普通のバレエ教室

本格的にバレエをやりたい方にお勧めです。

2、オープンクラス

オープンクラスはレベル別でクラスが分けられています。だいたいのところはチケット制となっており、予約なしに好きなクラスや好きな先生を選んで受講することが可能です。手軽にバレエを始めてみたいという方はこちらがお勧めです。

3、カルチャースクール

カルチャースクールは月謝を安く抑えたいという方にお勧めです。しかし、男性を受け入れている教室が少ないので、事前に確認をしておきましょう。

4、スポーツクラブ

エアロビなどと同じようにバレエを教えているスポーツクラブも存在します。「バレエ教室は女性が多いので通いにくい・・・」と考えている方にお勧めです。

②教室の探し方

どの様なバレエ教室に通いたいか決まったら、次は実際に通う教室を探してみましょう。主な探し方は以下の3つです。

1、インターネット

バレエ教室はホームページを持っているところが多く、ホームページから募集をしている場合が多いです。一番手軽に探すことができるでしょう。

2、バレエ雑誌

バレエ雑誌には教室ガイドが掲載されていることが多いです。しかし、バレエ雑誌に掲載されている教室は、本格的なバレエ教室が多いので趣味や手軽に始めたいという方には、あまりお勧めできません。

3、口コミ

バレエ教室は実際に通ってみないと分からないことも多いです。特に男性の場合は、実際に通っている男性の知り合いに紹介してもらうことが一番安心でしょう。

③見学や体験レッスンに参加する

通いたい教室が見つかったら、実際に見学や体験レッスンに参加することが大事です。実際の雰囲気や先生の教え方、他に男性がいるかなどをチェックし、自分が本当に長く通えるかをしっかりと吟味しましょう。また有料の場合や服装や持ち物が指定されている場合があるので、事前に確認をしておきましょう。

④バレエ教室で必要な物

では実際にバレエ教室に通うことが決まったら、何を用意すればよいのでしょうか。

まず男女問わず必須となるものは、白か黒の「バレエシューズ」です。

そして他の物は教室によって異なります。こだわらないところであれば普段着に近い動きやすい服装でよい教室もあれば、「黒のユニタードや黒のタイツ+黒または白のレオタード」などとしっかりと定められている教室もあります。

一般的なバレエショップでは男性用のレオタードは取り扱っている店舗が少ないです。しかし、チャコットやシルビアなどの大手バレエショップでは女性用よりは数は少ないですが男性用もしっかりと揃っています。

厳しく服装が指定されている場合はすぐに用意できないこともありますので、教室を探す際に一緒に服装の確認もしておきましょう。

発表会に出よう!

バレエ教室へ通うと定期的に発表会が行われることがあります。人前で披露することによって日頃のレッスンのモチベーションにも繋がります。発表会に出ると課題点が見つかるので克服しようと努力をすることで、技術の向上にもつながります。普段のレッスンだけではどうしてもマンネリ化をしてしまうので、定期的に発表会に出ることが上達するための一つの方法です。

発表会に出るとなると、通常のレッスンの中で行う場合と他の時間で練習を行う場合があります。レッスンの中で発表会の練習を行う場合は、その期間中は通常の基礎練習の時間が無くなることが多いです。その場合は発表会の練習が中心となりバーレッスンなどの基礎練習が疎かになりがちなので、並行して基礎練習も自主的に行うなどの工夫が大事です。通常のレッスンと切り離して練習を行う場合はそれほど問題はないでしょう。

しかし、人によって練習を要する時間は異なりますので、無理のない自分に合ったペースで発表会に出ることがモチベーションを保つためにも大事です。

バレエのメリット

 

バレエにはたくさんのメリットがあります。まず、バレエを始めると柔軟性が身に着きます。自分には無理と思っていても訓練していくことで、だれでも柔軟性は高まっていきます。柔軟性を高めることで怪我をしにくいメリットもあります。またバレエには集中力が必要になるので集中力も身に着き、仕事の効率がよくなるなどの効果もあるでしょう。

他にも筋肉がついて体形が良くなり、紳士的な振る舞いが身に付くなど男性らしさがアップするので、バレエを始めたら女性にもてるかもしれません!

関連記事

  1. 大人のバレエ練習に安いレオタードはNG?レオタードの選び方を解説!

  2. キッズ用のレオタードを選ぶために知っておくべきバレエの秘密!

  3. つま先に痛みを感じる問題!原因とバレエでの正しいつま先の使い方とは?