いつかは行きたい!世界を代表する美しいバレエ劇場その2

舞台上で優雅に舞うバレリーナたち。その美しさは見るものすべてを魅了します。

そんなバレエを実際に生で鑑賞してみたいと思いませんか?

しかし、「どんな劇場があるのか分からない」「どこへ行けばバレエを見られるの?」などの疑問を抱えている人もいるはず。そこで今回は、人生で一度は行ってほしい世界を代表する美しいバレエ劇場をご紹介します!

本記事ではパリ・ロンドン・ニューヨークにある劇場をピックアップしています。

【オペラ座 ガルニエ宮/パリ】

フランスの首都パリにある「ガルニエ宮」は、1874年12月に完成した歴史ある歌劇場です。単に「オペラ座」と呼ばれることもあります。このガルニエ宮は、フランスを代表するオペラ・バレエ団体「パリ国立オペラ」の公演会場のひとつにもなっています。

古くからある劇場ですが、宮殿のような立派な出で立ちは現代人の心をも鷲掴みにしています。そして、劇場吹き抜けの頂点には音楽の神である「アポロ像(Apollo)」がそびえ立ち、空に向かって高々と竪琴を掲げている様子が見られます。

また、ガルニエ宮の魅力は内部にもたくさん詰まっています。まず、大ホールを抜けると大理石で作られた大階段がお目見え。この場所はガルニエ宮の名声を高めている重要な部分です。また、天井にはアポロの勝利、新しい歌劇場の計画を受け取るパリの街などが描かれています。

そして、肝心の劇場内は赤と金で統一された煌びやかな空間となっています。劇場は5階建ての円形ホールで、約1,900の座席があるそうです。また、舞台はヨーロッパ最大と言われており、約450人を受け入れることができます。

チケット料金は公演にもよりますが、10~250ユーロ(約1,300~30,000円)とかなり幅広いです。なお、劇場内の見学だけであれば12ユーロ(約1500円)の入場料のみを支払います。

また、ガルニエ宮は劇場だけでなく、図書館も併設。ここには1669年以降オペラ座で上演された演目の楽譜や、ダンス・歌・音楽などに関する資料が8万冊ほど収められていますので、見に行ってみてくださいね。

【ロイヤル・オペラ・ハウス ROH/イギリス】

The Royal Opera House at Dawn…12 Sep 2006, London, Covent Garden, England — The ROH was extensively renovated in the 1990’s. At that time the roof of Floral Hall, left, was rebuilt with barrel vaulting and laminated glass. — Image by Eric Nathan/Loop Images/Corbis

ロイヤル・オペラ・ハウス(RHO)はイギリス・ロンドンにある歌劇場です。ここは世界最高レベルを誇る名門歌劇場で、かの有名なロイヤル・オペラとロイヤルバレエの本拠地としても使用されています。また、観客席部分はイギリスの指定建造物となっています。

この劇場の歴史は1728年から始まりますが、「ロイヤル・オペラ・ハウス」の名が付いたのは1892年になってからだそうです。また、現在の劇場は3代目にあたり、1999年12月に改築が行われました。ほとんどの部分を改築してしまったようですが、観客席には1856年当初のものが少しだけ残っています。

メインの劇場内は4階建て。赤と金の美しいコントラストが広がる空間に、円形状観客席を有します。座席数はなんと2256席もあるそうです。また、劇場名に「ロイヤル」と付くだけあって、他の劇場とは一味違った装飾や雰囲気が楽しめます。

チケット料金は公演や席によって変動しますが、最も安いものだと6ユーロ(約900円)ほどでバレエやオペラを鑑賞できるようです。名門歌劇場ですので、チケットもさぞかし高いのかと思いきや、意外とリーズナブル。

気軽に行くことができるため、ロンドンに行った際に観光として行ってみるのもいいですね。チケットはホームページより購入することができます。

また、劇場内にはバーやラウンジがありますので、早めに行って公演前にゆったりとお茶するのもおすすめです。

【メトロポリタン歌劇場 MET/アメリカ・ニューヨーク】

メトロポリタン歌劇場は、ニューヨークのリンカーンセンター内にあるアメリカ随一のオペラハウスです。「メト」とも呼ばれるメトロポリタン歌劇場は、キャストや装置の豪華さで名声を得ています。

劇場内は高級感あふれる赤い絨毯が敷かれており、そこを歩けば気分はセレブ!女性をエスコートしている男性を見ることもできますよ。

観客席は約3800席あり、全体の収容人数は4000人ほどだそうです。また、劇場内では美しいゴールドのプロセニアム・アーチや、世界最大のタブカーテンを見ることができます。

チケット料金は公演や席にもよって変動しますが、安いものであれば4000円から購入可能です。また、チケットはメトロポリタン歌劇場 の公式サイトからでも手軽に買えます。ネットからだと座席の値段や見え方などをチェックしながら選べますので、会場で購入するよりもおすすめです。

世界を代表する美しいバレエ劇場へ足を運んでみては?

「ガルニエ宮」「ロイヤル・オペラ・ハウス」「メトロポリタン歌劇場」の3つをご紹介しましたが、それぞれに違った魅力が詰まっています。実際に足を運び、その魅力を自分の肌で味わってみてはいかがでしょうか?

また、どこの歌劇場も世界を代表する美しい場所ですので、行って損はないはず!普段の生活からかけ離れた世界へ足を運んでみては?

関連記事

  1. バレエ衣装はレンタル・オーダーメイドどっちにするべき?

  2. バレエで使う筋肉は体幹筋!その鍛え方とは?

  3. 自宅でもできるバレエのエクササイズにはどんな効果があるのか調べてみた