子供バレエの発表会 見に来てくれたお友達へのお返しは必要?

バレエを習っているお子様をお持ちであれば、定期的に発表会があると思います。発表会には、同じバレエ教室のお友達や、幼稚園のお友達を招待する人も多いでしょう。そんな時、見に来てくれたお友達に対して「何かお子供バレエの発表会 見に来てくれたお友達へのお返しは必要?返しをするべきなの?」と迷うことがありませんか?発表会に来るということは、もちろん時間を空けてくれているだけでなく、交通費やチケット代がかかる場合もありますよね。そのため、発表会に来てくれたお友達には、何かしらのお返しはした方が良いのでは?と思います。そこで今回は、バレエ発表会でのお返しについて、渡した方が良いのか、どんな贈り物が良いのかについて調べてみました。お子様の発表会が近付いているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

チケット代がかからない場合のお返し

発表会にチケット代がかからない場合は、ちょっとした気持ち程度の品をお返ししてみてはいかがでしょうか?

高額なものは相手にも気を使わせてしまいますし、相手も同じバレエスクールに通っているのであれば、500円~1000円程の、バレエをモチーフにしたお礼で問題ないと思います。

 

 

よくあるお返しとしては、

 

・お菓子

・バレエモチーフの文房具

・ハンカチやタオル

・シュシュ

 

などが挙げられます。

 

同じ年頃のお子様がいる場合は、子供に向けた文房具やお菓子が最適です。大人のみの親族や友人が見に来てくれた場合だと、包装された焼き菓子など無難ですね。チケット代がかからない分、値段をかけずに手軽な品とお礼の言葉を添えるのがマナーと言えるでしょう。

 

チケット代や交通費が多くかかる場合

発表会に見に来てもらう際に、入場にチケット代がかかったり、交通費が多くかかる場合は、その金額に見合うお礼をするのがマナーと言えます。

もちろん義務ではありませんが、お金をかけてまで発表会に見に来てくれるお友達ですので、感謝の気持ちを込めてお礼を贈ってみてはいかがでしょうか?

贈り物は金額によっても変わりますが、お菓子の詰め合わせや、子供が好きなキャラクター雑貨、バレエで使える小道具などがおすすめです。

また、お友達もバレエを習っているという場合は、相手側の発表会にも参列することが礼儀でもありますので、できる限り、来ていただいた人の発表会には出向くようにしましょう。

花束をもらった場合

発表会で立派な花束を頂いた場合にも、お礼をする方が良いでしょう。

小さな花束であれば1000円程度、大きなものであれば3000円~5000円程かかる場合もありますので、金額に見合うお礼をするのが無難です。

贈り物はハンカチやタオル、お菓子等で良いと思いますが、お礼の気持ちを書いたメッセージを添えておくとより気持ちが伝わりやすくなりますよ。

 

発表会に来てくれた親族へのお返しは必要?

発表会には、おじいちゃんやおばあちゃん、親せきを招待する人も多いですよね。

その場合のお返しは必要なのでしょうか?

親族の場合は、何かプレゼントでお返しをするよりも、発表会での写真やビデオなどを渡すのが喜ばれると思います。

家でゆっくり鑑賞することもできますし、お子様の成長を思い出に取っておくことができるので、親族にとってはとても嬉しいお返しだと思います。

お子様とお母様のメッセージを添えて、ありがとうの気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

 

先生へのお礼はどうする?

バレエの発表会は、日頃のレッスンの集大成でもあります。

いつもお世話になっている先生へのお返しは、どうしたらよいのでしょうか?

そのバレエ教室によってお礼のルールが異なるため、同じ教室に通っている親御さんに相談してみるのが良いでしょう。

また、中には発表会のお礼はせずに、お中元やお歳暮をしているという方もいます。

日ごろからお世話になっているお礼をしているのであれば、発表会のお礼は気持ち程度という方も多いようです。

なお、大手の教室などでは、先生へのお礼が禁止されているところもあるようなので、必ず事前に確認しておきましょう。

とめ

子供の発表会に見に来てくれたお友達、親戚、お世話になった先生へのお返しについて、以下にポイントをまとめてみました。

・お返しは教室によってルールがあるため、事前に確認すること

・ちょっとしたお礼には500円~1000円程度が一般的

・お子様へのお返しはお菓子や文房具がおすすめ

・大人へのお返しは菓子折りがおすすめ

・親族へのお返しは、物ではなく写真やビデオがおすすめ

・先生へのお礼は、教室でのルールに従うこと

・お礼の品に手紙を添えるとなお良し

 

いかがでしょうか?発表会のお返しをするという決まりはないものの、感謝の気持ちを込めてお礼をすることで、先生や同じ教室に通うお子様とのコミュニケーションもスムーズになると思います。

今後もより良い関係を築くためにも、きちんと礼儀をもって対応することが大切ですね。

 

関連記事

  1. バレエのジャンプのコツはプリエが共通!まずは基本を抑えよう!

  2. お気に入りのバレエシューズを見つけるために履きやすいブランドを厳選してみた

  3. せっかく入った教室を変えることに…バレエ教室の失敗しない選び方!